M3D

M3D

20140918054842.jpg

M3Dメニュー

 

■ M3Dカラートリートメント(カット別)

  シングル ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ¥ 8,000〜

  ダブル  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ¥13,000〜

  トリプル ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ¥18,000〜

 

■ M3Dカラー(カット別)

  ピコカラー ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ¥ 8,000〜

 

■ M3D縮毛矯正(カット別)

  ショート ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ¥18,000〜

  ミディアム・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ¥19,000〜

  ロング  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ¥20,000〜

 

 

M3Dシステムとは?

 

M3D完熟覚醒ミネラルを含ませた薬剤を使用する技術です。従来のトリートメントはたんぱく質などを傷んだ髪に補充し、修復・再生を図ろうとしていましたが、実際には髪の内部奥深くには浸透させることが難しく、すぐに流れ出してしまっていました。M3D完熟ミネラルは、10-12というピコサイズ(1兆分の1)と非常に粒子が細かく、ナノサイズでは届かなかったミネラル成分を、髪の芯(髪髄質)まで浸透させドライヤーやアイロンの熱を加えることにより加速度的に熱反応を起こし、元気なアミノ酸やタンパク質を合成する作用があります。その力を利用して、髪の内部からダメージを修復しキューティクルを再生します。髪内部のアミノ酸の結合が壊れて傷んだ髪でも、ピコサイズの完熟ミネラル成分がその結合をしっかり補修し、元気な髪を取り戻すことができます。

 

 M3Dの意味は何?

 

M3Dとは、メモリー3次元立体という意味です。各細胞分子の化学構造式は全てアミノ酸の結合体によって組み合わされていて、中心に は必ず炭素(=C)があり、あらゆる有機体の基になっています。これに窒素(=N)や水酸基(=OH)などが複雑に立体結合してアミノ酸を作り、またその 連結でペプチドを形成し最終的に一種のタンパク質が完成しています。このようにCを中心にNやOHなどの原子や低分子の立体接続があらゆる細胞の成分(タ ンパク質・脂質・糖質・ミネラル液など)を形にしています。この立体構造を記憶する活動的なミネラル原子が覚醒ミネラルとして自然界における最上位の力を 発揮して細胞の作り変えを行なう能力をM3Dと呼んでいます。(公式サイトより引用)

 

熱を与えるとツヤが出ると聞きましたが?

 

はい、とても美しい艶がでてきます。覚醒ミネラル液の電子軌道運動はものすごいスピードであり、一旦水素結合や共有結合をすれば外部 からの些細な 熱や衝撃には動じないそうです。キューティクルのタンパク質補修にはアミノ酸合成のために200度程度の加熱が必要で、熱を加えることでキューティクルの 補正を加速させる結果ツヤツヤの天使の環ができます。また、内部の水酸基も強靭な共有結合・水素結合をしているため、水分が維持し続けられるので硬化が起 こらず、毛先までしなやかな軟らかさを実現できます。

 

M3Dカラーをすると退色が少ないのはなぜ?

 

ちょっと難しい話なのですが、色素分子も共有結合によって成り立っています。また、周りのタンパク質とも共有結合で組織体を構成して います。この共有結合の主役である電子のスピン回転が高いまま維持することで分子構造の破壊が起こらず色が安定するわけです。また、色素分子の振動も高い こと で、外部からの光の波長を奇麗に跳ね返すため、色が鮮明に写ることになるのです。

 

M3Dカラーした後、伸びてきてもプリン現象が気にならないのはなぜ?

 

 明度と光沢の均一化が鍵です。通常皆さんが視覚で確認している色彩には明度・彩度・色相・光沢があります。これら全てに共通して影響を及ぼしているものは 水分の量です。その証拠にウエットヘアー時では全てが黒く見え、明度・彩度・色相の差は正しく確認できません。ドライするとその色の差は鮮明になり、プリ ン現象もはっきり現れます。完全ドライ時の差は明確です。これは色素が多い少ないだけではないことの証明となり ます。つまり水素結合を伴う水酸基の残量の差異が光の反射量を変え、主に明度に違いを出してくるため黒い・黄色いと認識されるのです。ここに着目して改善 したのが覚醒ミネラル液の水素と酸素原子です。水酸基の配分を察知し、新生部の多すぎる水酸基の結合を解除するバランスで働きかけ、これにより明度と光沢 の均一化が実現します。さらに不足した毛先の色素分子も中間部の量と構造式を読み取り、化学反応を用いて分子の物質化を起こすものと考えられ、このことが 実現すると色相や彩度までもが均一化するということになります。

 

M3DカラーとM3Dカラートリートメントはどう違うの?

 

簡単に言うと目的が違います。M3Dカラーは黒髪を明るく染めたり、白髪を染めたりと、本来のカラーリングを目的としています。カラー剤にM3D完熟覚醒 ミネラルを5%~20%程度含ませて、カラーの発色を邪魔しないようにしながら希望の色に染めていく技術になります。一方、M3Dカラートリートメント は、髪のダメージの修復や、扱いやすい髪にするためのトリートメント目的としています。カラー剤にM3D完熟覚醒ミネラルを60%以上含ませて、カラーの 化学反応や色素の定着する作用を利用しながらミネラルを髪の芯まで届かせて美しい髪に変身させる技術になります。